←prev entry Top next entry→
野球肘〜大阪市 西区 鍼灸整骨院 トレーニングジム リハビリ 酸素カプセル〜

まだまだ冷たい風が吹いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今回は、先日組み合わせが決まりました選抜高等学校野球大会にちなんで

成長期野球肘についてです。


まず、成長期野球肘とは何か。
成長期に投げる動作によって生じた肘の障害のことをいいます。


大きく分けて内側部、外側部、後方の痛みがあります。
一番多く訴えるのは内側部の痛みですが、一番気をつけなければいけないのは外側部の痛みです。
それによって診断も治療も大きく変わって来ます。


また、成長期の身体は筋肉や靭帯より骨に損傷を起こしやすい!のも特徴です。
外側部の痛みを訴える中で、最も予後が悪く、
「選手生命を奪うガン」とも言われている、

離断性骨軟骨炎(OCDについて紹介します。
<OCDの特徴>
・9歳〜13歳で発生しピークは11歳前後(5年生)
・初期には自覚症状(痛み、関節可動域制限)無し
 →気づかない間に進行する
 →痛みを感じた時にはすでに進行している
・OCDの発生と「投げすぎ」とは関係ない
・外因説or内因説
OCDは、いかに早期に発見できるかがカギになります。
野球肘検診も、このOCDの重症化予防(早期発見・早期治療)を目的としています。

早期に発見するための唯一の方法として「野球肘検診」があります。
全国各地では、小学生の子ども達を対象に野球肘検診が行われております。
特に小学校5・6年生は年に一度の検診を受けるようにしましょう。(大阪にも実施病院多数あり)

 

私自身も野球で肘を痛めた経験がありましたので、怪我で野球を諦めていく子どもたちを少しでも減らしたいと思いからこの道を志しました。
なので「野球肘検診」という活動がもっと全国各地に広まって欲しいと願っています。
当院ではこのような野球肘で悩んでいる子たちも多く治療されています。

痛みなどがなくても少しでも気になるような事があれば、お気軽にご相談して下さい。

✔パーソナルトレーニングジムでアヴィススポーツが選ばれる理由

これまでに延べ50,000回のパーソナルトレーニングを指導

一般の方やアスリートまでASKPROJ.は5,000回の測定実績
12年間続いている実績あるパーソナルトレーニングジムだから安心
高い技術、知識を持ったトレーナーがサポートしてくれる

 

 

【店舗情報】
☆★☆★☆ お問い合わせ・ご予約 ☆★☆★☆
アヴィススポーツコンディショニングプラザ
アヴィススポーツ鍼灸整骨院
平   日)10:00〜20:00(最終受付19:50)
土日祝)10:00〜19:00(最終受付18:00)
休館日)毎月30日
TEL:06-6531-3636

http://www.avispo.com

 

| アヴィススポーツ | ブログ | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |